花名

見ごろ
画像1 説  明
アイビーゼラリウム フウロソウ科  4−7月  9−11月
長生きしています。毎年春秋に咲き、結構家族が増えています。
アロエ ススキノキ科 アロエ属 気まぐれに咲く年があります
別名「医者いらず」我が家でも「やけどの時など子供たちが世話になりました。
 アイリス  アヤメ科アヤメ属  7−8月  
 これはきっと「ダッチアイリス」雑草に負けず毎年鮮やかな紫の花を咲かせてくれます。
朝顔 ひるがお科さつまいも属 7−9月
  
小学生の頃からおなじみの日本の伝統的な夏の花。毎年種をと取って蒔きます。涼しさを呼ぶ花です。朝顔の方が有名なのになぜか「ヒルガオ科」
イトソマ キキョウ科イトソマ属 6−8月
青紫の可愛らしい花が咲きます。5枚の花弁があるように見えますが、筒状の花の先端が5つに裂けて星形に広がっているのだそうです。
イソギク キク科キク属 10−11月
海岸{磯)に自生するので磯菊という。白く縁取りのついた濃緑の葉。花弁でなく黄色い小頭花が多数粒のように丸く塊り、蕾が集まったように見えます。
ウチョウラン?? 名前を知っている方は教えてください 4月ー5月
頂いた花をミズゴケに挿し、台所につるしていたら毎年薄ピンクの清楚な花が垂れ下がり目を楽しませてくれます
浮き釣り草    (チロリアンランプ) アオイ科イチビ属 4−6月
アブチロンの一種。手間いらずで強い花です。チロリアンランプといったロマンチックな名もついています。
おおばん草 あぶらな科 4月
大根の花に似た花が咲きます。平べったい実がなります。大判草という名が納得です。
おみなえし おみなえし科 8-10月
秋の七草。道沿いのプランタンに咲き、道行く人を楽しませてくれます
 オキザリス  カタバミ科カタバミ属 5-10月 
 
 オキザリスとカタバミの違いはよく分かりません。葉はクローバーのような3枚葉。鮮やかな黄色が緑の葉に映えて目を楽しませてくれます。
61 我が家の花図鑑 (花名順) あ行)-2
花名欄に「???」とあるは花名が分からないもの。「名前の後に?」とあるのは名前に確信のもてないものです。 お分かりの方は 下記メールアドレスにメールしてお教えいただければ嬉しいです。
mail@wagayanohana.sakura.ne.jp
画像をクリック
 ⇒拡大画像